メールのポリシー

当社は以下のポリシーにてメールシステムを運用しております。当社は迷惑メール(spam)については反対の立場をとっています。
●メールアドレスは外部にはもらしません
当社にご連絡いただいた時のメールアドレス、アンケートに投稿していただいた時のメールアドレスなど当社が知りえたメールアドレスは第三者に引渡したり販売したりあるいは公開したりいたしません。
ただし法的手続きにより当局が開示を要求してきた場合と迷惑メール(spam)についてはその限りではありません。
特にspamについては発信者のメールアドレスと本文は公開するのを原則としています。公開してほしくない場合には宣伝のメールは送らないでください。

●フリーメール・匿名のメール[返事しないことがあります]
フリーのメールサービスを使ったあるいは本名を隠したビジネスメール(入社希望を含む)は信用いたしませんので読まないこともあります。また読んでも返事を出さないことがあります。重要な仕事のメールは特段の理由がない限り身元がはっきりと特定できるプロバイダあるいは自組織のメールアドレスを使い個人名あるいは組織名を名乗った上でご連絡ください。
ただしFetchなどの登録番号発行・パッケージ製品の販売およびユーザーサポートについてはこの限りではありません。

●宣伝・アンケート依頼のメール[拒絶することがあります]
宣伝・アンケート依頼のメールは不特定多数にあてたものでない限りただちに拒絶することはありませんが繰り返し同じものが届いたり、当社の複数のアドレスに同じ文章が送られたとき、匿名性の高いフリーのメールサービスのアドレスから来たものは今後受取を拒絶することがあります。なおダイレクトメールは宛てにお送りください。

●嘘を書いたメール[拒絶しています]
メールが来た理由に、実際にはそのような事実がないにもかかわらず「購読の申し込みをしたため送った」など虚偽の理由が書いてある場合には拒絶するとともにブラックリストに登録します。そのメ−ルで宣伝するサイトのドメインもブラックリストに登録いたします。

●アダルト、MLM、ネズミ講、出会い系サイト、非合法の物品販売の宣伝勧誘メール(拒絶しています)
ただちに拒絶します。そのメールと同じドメイン名を持っているホームページが存在した場合そのメールサーバーからの接続も拒絶するとともにブラックリストに登録します。そのメ−ルで宣伝するサイトのドメインもブラックリストに登録いたします。

●メールアドレス販売のメール[拒絶しています]
メールアドレス販売の宣伝メールについてはその発信者のメールアドレスおよびそのメールを直接発信したメールサーバーからのメールの受取を即刻拒絶するとともにブラックリストに登録します。そのメ−ルで宣伝するサイトのドメインもブラックリストに登録いたします。

●自動アドレス収集ソフトによるメール[拒絶しています]
自動アドレス収集ソフトでしか入手できないはずのメールアドレスに送られてきたメールは不特定多数へ宛てたダイレクトメールと見なし、そのアドレスを即刻拒絶するとともにブラックリストに登録します。。そのメ−ルで宣伝するサイトのドメインもブラックリストに登録いたします。

●転職情報メール[拒絶しています]
会社のアドレスに転職情報を送ってはいけませんね。オフイスにいきなり入ってきて「あなた転職する気ありませんか?」と聞くようなものです。営業やサポートのメールアドレスに送りつけるのは仁義上問題があるとは思いませんか? 読む方としても、こっそり見るとなんだか転職したいのを隠している見たいだし、堂々と見るとなおまずいし扱いに困ってしまいます。そのようなメールは直接個人のアドレスに送ってください。ということで転職情報のサイトからのメールは全部受けつけないよう設定してあります。
上記以外にも...

当社はメール配送ソフトにセキュリティ機能を付けているためRBLに登録されているサーバーからのメールは自動的に拒絶されてしまいます。この説明は拒絶しているプロバイダ一覧をご覧ください。

spamが直接送られて来たサイトについてはその詳細を調査するためにポートスキャンをしたり、第三者中継について調べたりすることがありますのでよろしくご理解のほどお願いいたします。